不動産鑑定センタートップ > 業種別サービス > 個人・一般法人様

業種別サービス

個人・一般法人様

不動産売買交換

不動産の売買に際して不動産業者が提示する価格が適正かどうかは判断が難しい部分です。周辺の価格水準、収益性等を検討して査定される不動産鑑定評価書は不動産売買における有効な判断資料となります。


地代、家賃の設定

不動産の賃貸借をする場合や、継続中の賃貸借契約を改定する場合に、適正賃料の把握は難しい問題です。不動産鑑定評価書を採用することで適正賃料を把握するとともに現在の賃料が妥当な水準かどうかを判断することも可能となります。


担保価値の把握

不動産の担保として金融機関から資金調達をする場合には不動産の適正価格を把握する必要があります。不動産鑑定評価書を採用することで不動産の担保適格性や担保としての資産価値を把握することが可能となるとともに、資金繰りに際しての判断資料ともなります。また、金融機関に対する担保価値の安全性を証明する上でも有効です。


借地権、底地の売買

現在賃借している土地を買い取る場合には、通常の価格(権利設定のない土地の価格)よりも低額となるのが通常です。その際には過去からの経緯や契約内容等が大きな影響を与えます。不動産鑑定評価書を採用することでこれらの諸条件を検討した上での適正価格を把握することが可能となります。


不動産の有効活用のご相談

不動産はその利用の仕方で資産価値や税額が大きく異なります。この不動産を有効に活用することで資産価値向上や税務対策もスムーズに行なうことが可能となります。必要に応じて適切なパートナーもご紹介しますのでお気軽にご相談下さい。


底地の売買

借主:長い間事務所の敷地を借りてきたけど、賃料の支払いを止めて土地を購入し、自分の物にしたい。賃料は長い間払ってきたから他の土地を購入するよりは安いだろうけど幾らが適正かわからない。

このような場合に不動産鑑定士に依頼することで適正額を把握し、売買の根拠資料とすることができます。

底地の売買、具体例

 

不動産の有効活用

遊休土地(未利用の土地)にアパートを建てて
賃貸経営をしようと思うが上手くいくだろうか?

弊社独自のシステムで最長35年まで様々な想定の下での
収支計算を行い、収益性や投資採算性を判定した上で、
事業計画の適否を判断。

事業計画の適否を判断することで、遊休土地を収益物件に変えるとともに、事業リスクを減らすことができます。

 

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください